スポンサードリンク

2007年10月30日

ポルシェ911のサスペンションパーツ1

ポルシェ911のサスペンションパーツを調べてみました。

ビルシュタイン ポルシェ911 / 930 / E / S / T / 2.4 / 2.7 / 3.0SC /カレラ 3.2 年式72 - 85/03用ダンパー ショックアブソーバー リヤ


乗り心地のよいポルシェの安定走行は高性能ダンパーから生まれます。
スプリングは路面の凹凸から受ける衝撃を緩和しますが、そのままでは上下動が収まらず、フワフワした不快感が残ります。
ダンパーはスプリングの上下動を素早く抑え、クルマの挙動を安定させるとともにフラットな乗り心地のよさも提供します。
ダンパーの減衰力は内部のオイルがバルブを通過する時の抵抗で発生しますが、バルブの構造とセッティングによってその動きは大きく変ります。
ビルシュタインダンパーはスプリングの余分な動きを抑える減衰力が極めてスムースで、優れた乗り心地と走りを提供しています。
スプリングの暴れをしっかり吸収し鋭いハンドリングを提供します。
ビルシュタインはスプリングの動きをしっかり吸収します。
だからタイヤは常に路面を確実にホールドし、車線を変えた時のふらつきや段差を越えた後のフワフワ感がありません。
それはそのまま自然なステアリングフィールとして実感できるはず。
ポルシェのフラット感に満ちたコンフォート性能、そしてスポーティできびきびとした挙動を約束します。

ビルシュタイン ダンパー リア ポルシェ・911/930/E/S/T/2.4/2.7/3.0SC、カレラ3.2(ボーゲーオートレベライザー装着車を除く)年式:1972〜1985/3


ポルシェのダンパーはスプリングの上下運動をすばやく収束させ、クルマの挙動を安定させることでシャープなハンドリングとフラットな乗り心地を提供します。
ストラット用に倒立単筒をラインナップするスポーツダンパーは、ポルシェ純正スプリングと組み合わせることでハンドリングと乗り心地をバランスさせるビルシュタインの定番アイテムです。
乗り心地を偏重する傾向の強い純正ダンパーをビルシュタイン・スポーツダンパーに交換することで、快適性を犠牲にすることなく胸のすくハンドリングと大き安全マージンを手にすることができるのです。

ポルシェ 911/964用 アイバッハ スプリング


ポルシェ 911/964用 スプリングセット
年式89年1月〜93年2月 
タ−ボ車を除きます。
ダウン幅フロント約25mm〜35mmリア約20mm〜30mm

アイバッハ ポルシェ911 (993)ターボ 年式-用 PRO KIT スプリング


アイバッハプロキットスプリング(ダウンサス)のプロダクトコンセプトは「グリップさせるスプリング」。
ポルシェの挙動を常にコントローラブルな常態に保つために、必要以上のレートアップは避け、ロール角、ピッチングを厳格にコントロールすることに主眼をおいています。
プロキットは最適なポジションのために、クルマそれぞれによって異なるショックアブソーバーのストローク、サスペンション形状、重心などを実測し、車体工学の専門家によって設計、車体毎のホイールトラベルを算出しています。
結果的に車高を平均30ミリダウンの動的最良ポイントとしています。
この設定は加速時の縮み、コーナーでのボディーコントロールを最小限にくい止め、安全性を損なわないベストバランスを実現しています。さらに厳選されたシリコン系ハイテンションスチール素材から、独自のアイバッハ冷間成形で製造されているため初期性能が長期に渡って維持される物理的な特性を備えています。しなやかであり、なおかつ俊敏な走りを実現するアイバッハプロキットスプリングは、タイヤの潜在能力を最大限引き出し、すべてのクルマを愛する人を満足させてくれるクルージングが官能できるでしょう。

KWサスキットVersion3 93-97 ポルシェ 911 (993) カレラ2


ポルシェの街乗りからサーキット走行までをドライバーの理想通りに調整が可能な、減衰力伸&縮独立調整機能を採用。
これにより、悪路での凹凸を吸収し路面に吸い付くフラットライド感を実現しつつ、サーキット走行でのコントロール性を極限まで高めることに成功したKW社のフラッグシップモデルです。
ダウン値: フロント 20-40mm / リア 10-30mm


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)